視力の治療方法の研究館

視力の治療法には、メガネやコンタクトレンズ、オルソケラトロジー、レーシックなどの近視矯正手術があります。民間の視力アップトレーニングや訓練も解説しています。

視力の治療法で近視を改善!

視力の治療方法の研究館へようこそ!

当サイトでは、視力の改善というものを大きくとらえ、視力の矯正法と視力の回復法を、両方ともご紹介しています。

視力の治療法のうち視力矯正とは、眼科の治療法です。眼科の使命は、視力1.0以上を出すために、メガネやコンタクトレンズを処方し、眼病を治療することです。そのために近視や遠視、乱視、老眼を治そうとせず、眼科矯正器具によって、視力をアップさせるわけです。

視力の強制には、睡眠中に視力を向上させるオルソケラトロジーやオサートもあります。あるいはレーシック治療を筆頭とするレーザー角膜屈折矯正手術も、一見裸眼が視力回復するように思えますが、メガネなどと同様に、視力の矯正の範ちゅうです。

視力の治療方法には、自力で視力回復するように、目の筋肉をリラックスさせたり、強化する方法があります。これが民間の視力回復トレーニングの方法です。

じつは眼科でも、仮性近視の視力回復は行なっています。ミドリンPとかサンドールなどの点眼治療ですね。そのほかワックという視力回復訓練機も使用することがあります。先進的な眼科では、目に電気を流す通電療法という視力の治療法を行なっているところもあります。視力0.2が視力1.2に回復することもあるようです。

でも視力の治療法のうち「視力回復」といえば、やはり民間療法としての視力回復訓練でしょう。視力回復センターを筆頭に、本屋には3Dアートの立体視ができるマジカルアイなどが並んでいます。そのほか100円ショップにさえ、穴あきメガネが販売されています。需要の多さがうかがえます。

インターネット上には、どれを選べばいいのか迷うほど、さまざまな視力回復機が販売されています。たいてい覗くタイプの視力回復訓練機ですが、超音波治療器ソニマックのように、目を閉じていればよい器具もあります。これらの視力の機械は、とくべつな知識がなくても、自宅で簡単に視力の治療を行なうことができます。

近視を復活させるための視力の治療法は、もちろん自宅で簡単に、無料でも行なえます。たとえば遠くと近くを交互に見る水晶体体操法や望遠訓練。そのほか眼球を動かす眼筋トレーニングや眼のエクササイズがあります。この方法を知っていれば、旅行に行っても、いつでもどこでも実行できますね。

当サイトでご紹介する視力の治療法が、みなさまの疲れ目を解消し、近視の予防、改善、さらには視力のアップのお役にたてれば幸いです。
>> あなたの視力を治療し、眼病を予防する方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力アップと近視 視力トレーニングの方法の詳細はこちら 近視は治る

視力の治療法の種類とポイント