視力の治療方法の研究館

視力の治療法には、メガネやコンタクトレンズ、オルソケラトロジー、レーシックなどの近視矯正手術があります。民間の視力アップトレーニングや訓練も解説しています。

サイトトップ > 近視治療の方法とは

近視治療の方法とは

近視治療の方法には、眼科の視力矯正と視力改善法があります。

近視治療法の代表選手といえば、レーシック手術でしょう。
レーシックは、15分から20分で手術が終了し、術後にすぐに視力がアップします。まさに近視・近眼が治る時代になったわけですね。

レーシック手術という近視治療の方法は、裸眼視力をアップできるすばらしい視力回復法ですが、レーシックの後遺症や合併症という問題が付きまといます。レーシックの後遺症には、ぼやけ、数ヶ月続くドライアイ、フラップのずれ、過矯正、矯正不足、乱視の出現、フラップ下の炎症、網膜の視神経圧迫による視細胞の死滅、それによる視野の欠けなどがあります。

もちろんなかには、こういったレーシックのリスクをほとんど感じない人もいますが、ドライアイなどは覚悟しておいたほうがいいでしょう。レーシックはすばらしい近視治療の方法といっても、メリットばかりに目を奪われてはいけないわけです。

もしレーシック手術の後遺症が気になる人は、オルソケラトロジーという近視治療もあります。これは睡眠に入る前に特殊な形状のハードコンタクトレンズを装用。すると寝ている間に、角膜の屈折力が変わり、目覚めたときに視力が回復しているという眼科の治療法です。

しかしオルソケラトロジーにも、いろいろ問題があり、危険視する眼科専門医もいるようです。睡眠中は涙がほとんど分泌されず、そのためレンズと角膜がこすれたりします。角膜の酸素不足の問題もあります。しかしアメリカでは愛用者も多いので、ある程度の安全性実証されており、その是非は意見のわかれるところです。

こういった特殊な近視治療以外では、メガネかコンタクトレンズの装用ということになります。これがもっとも手軽な視力矯正法といえます。

メガネの着用は、その時々によって付け外しが楽というメリットがあります。近くを見るときは外し、遠くを見るときは装着できるのです。ただし視力0.01レベルの強度の近視には、向きません。その場合は、コンタクトレンズがいいでしょう。

コンタクトレンズという近視治療の方法は、裸眼とほとんど変わらない視力強制法といえるでしょう。きちんと装用法を守れば、角膜内皮細胞が減少することもありません。とくに使い捨てコンタクトレンズは、酸素透過性が高く、目にやさしい眼科矯正器具といえます。

近視の治療方法には、裸眼の視力を実際に良くしようという「視力回復法」もあります。これは眼科の矯正という「松葉杖」を使わずに、自分の目の筋肉の力によって、視力を向上させようとする方法であり、トレーニングです。

眼科では仮性近視の視力回復法として、ミドリンMやサンドールなどの散瞳薬による点眼治療が行なわれています。またワックという視力回復訓練機も使用します。あるいは眼科の通電療法もあります。これは目に電気を流して、毛様体筋の緊張を取る近視治療の方法です。幼児や小学生の子供に、とくに効果的です。

近視治療には、自宅で自分で研究したりネットで調べたりして、無料で自力で行なう視力回復トレーニングもあります。本屋で3Dアートの立体視ができるマジカルアイの視力回復の本を購入したり、ダイソーなどの100円ショップでピンホールメガネ(穴あき眼鏡)を購入してきたり・・・。

あるいは、インターネット通販で販売されている視力回復機なんていうグッズもあります。これは眼科のワックに似たようなもので、効果も仮性近視の視力回復程度と思っておいたほうがいいでしょう。スーパービジョンやアイトレーナー、エコーアイトレマシン、超音波治療器ソニマックなどがあります。

インターネット上には、秘匿性のある近視回復訓練法を公開しているサイトがあります。ここで紹介されている視力回復のマニュアルを使えば、疑問点を質問できるので、迷うことなく、効果的な近視治療の方法を実践することが可能になります。

近視レーザー治療〜レーシックなどの近視矯正手術

近視レーザー治療とは、角膜にエキシマレーザーを照射することによって、近眼を治す視力治療の方法です。正式名称をレーザー角膜屈折矯正手術といいます。その代表選手は、

近視レーザー治療〜レーシックなどの近視矯正手術

子供の近視治療〜視力アップの秘訣とは?

子供の近視治療は、まずは仮性近視から始まるので、それに適した眼科治療から始めます。たいていの小学校や中学校では春に、視力検査(いわゆる学校検眼)がありますが、こ

子供の近視治療〜視力アップの秘訣とは?

眼科の通電治療とは?〜目に電気を流す視力の治療法

眼科の通電治療は、その名のごとく、目に電気を流すことによって、視力を回復させようという視力の治療法です。ふつう眼科というと視力改善には否定的です。視力向上といっ

眼科の通電治療とは?〜目に電気を流す視力の治療法

近視治療と超音波器具〜ソニマックやミオピア

近視治療に超音波器具を使ったものがあります。超音波治療器ソニマックとかミオピア、アイパワーがありますね。ミオピアとは、かつてのフタワソニックが改名したものです。

近視治療と超音波器具〜ソニマックやミオピア

近視矯正レーシック手術とは?〜イントラ、アイlasikと眼病

近視矯正レーシック手術は、いまや多くのプロスポーツ選手やアーティスト、芸能人が受けていることで有名になっています。パソコンの普及によって、近視人口が増加している

近視矯正レーシック手術とは?〜イントラ、アイlasikと眼病

視力回復コンタクトレンズとは?〜オルソケラトロジーやオサート治療

視力回復コンタクトレンズは、視力の矯正でありながら、日中は裸眼で過すことのできる夢のような視力治療の方法です。視力回復コンタクトとはいいますが、前述したように、

視力回復コンタクトレンズとは?〜オルソケラトロジーやオサート治療

目が良くなる方法〜近視の視力回復トレーニング

目が良くなる方法といっても、広範囲になります。そこで、ここでは近視に限定して、視力が良くなる方法を解説したいと思います。目が良くなる方法も、出発点がどこにあるか

目が良くなる方法〜近視の視力回復トレーニング

読書と視力〜受験勉強や目、速読、姿勢など

読書と視力との関係を考えてみましょう。読書というと、近くの本に書いてある活字を読んでいくことですから、ふつうに考えると、視力低下や近視の原因となりそうな気がしま

読書と視力〜受験勉強や目、速読、姿勢など