視力の治療方法の研究館

視力の治療法には、メガネやコンタクトレンズ、オルソケラトロジー、レーシックなどの近視矯正手術があります。民間の視力アップトレーニングや訓練も解説しています。

サイトトップ > 近視矯正レーシック手術とは?〜イントラ、アイlasikと眼病

近視矯正レーシック手術とは?〜イントラ、アイlasikと眼病

近視矯正レーシック手術は、いまや多くのプロスポーツ選手やアーティスト、芸能人が受けていることで有名になっています。パソコンの普及によって、近視人口が増加している日本においては、急激な視力低下とは無縁でいられません。つまり誰もが、こういった有名人に注目し、興味をもって見ているといえるでしょう。

近視矯正レーシック手術とは、厚めのフラップを作成する視力回復手術です。正式名称を「レーザー角膜屈折矯正手術」といいます。日本では2000年にエキシマレーザーの使用が厚生労働省に認可されてから、PRK手術が開始され、そのあとにレーシック治療が登場しましたから、まだ歴史の浅い眼科治療法です。

近視矯正レーシック手術では、厚めのフラップを作るため、残された角膜実質層が少なくなってしまい、視力0.01とか視力0.02レベルの最強度の近視は適応外となっています。ただし最新のイントラレーシック手術なら、適応できるかもしれません。詳しくは該当のレーシックの眼科に問い合わせる必要があります。ただし、あまりに角膜を削りすぎると、術後に乱視が出現する危険性があります。

近視矯正レーシック手術は、日帰りできるほど急速に視力がアップしますが、レーシックの後遺症・合併症に注意しなければなりません。つまりこういったレーシックの副作用を覚悟した上で、近視矯正手術に臨まなければならないのです。誓約書の同意も求められるはずです。そう考えると、損するかもしれない株やFXの投資みたいなものかもしれません。

近視を矯正するレーシックの後遺症には、術後数ヶ月間のドライアイ、近視の戻り、過矯正、矯正不足、フラップの下の炎症、フラプのずれ、夜間視力の低下、ぼやけ、上皮迷入などがあります。イントラレーシック手術やilasik(アイレーシック)、Zレーシックになってからは、たしかにこういったレーシックの後遺症は減少していますが、皆無ではないことを知る必要があります。

またレーシック治療は歴史が浅いため、将来どのような副作用が出現するか未知数ともいえます。眼科専門医は大丈夫だろうと言っていますが、あくまで推測でしかないのです。

近視矯正のレーシック手術をうけると、裸眼視力が向上し、わずらわしいメガネやコンタクトレンズを装用しなくても、裸眼で視力1.2とか視力1.5を出すことができます。そのため目がいい人の仲間入りができたと勘違いする人がいます。近眼が完治したと錯覚してしまうわけですね。これは、とても危険なことです。

近視矯正レーシック手術は、その名のごとく、「視力の矯正」です。つまりメガネや使い捨てコンタクトレンズを装着しているのと同じ原理なのです。近視用眼鏡やハードコンタクトレンズは、凹レンズになっています。つまりレンズの中央部ほど薄く、はしに行くほど厚みを帯びています。

近視矯正レーシック治療では、エキシマレーザーで角膜実質層を蒸散させ削り取りますが、このときの角膜の形はすり鉢状であり、中央部が凹んだ形になります。つまりメガネレンズやソフトコンタクトレンズの代役を角膜にさせるわけです。そのため、依然として視力矯正であり、松葉杖を使ってものを見ているようなものです。

もっと詳しく言えば、近視矯正レーシック手術を受けたとしても、眼球は近眼のままなのです。視力矯正手術を受けるくらいですから、ほとんどの人は眼球が伸びている軸性近視です。そのため手術後も眼球がラグビーボールのように長く伸びているのです。

この状態は何を意味するかというと、眼病の危険性があるということです。眼球が長くなると、網膜が薄く引き伸ばされます。すると網膜裂孔や網膜剥離の危険性があります。また正常眼圧緑内障、黄斑変性症、白内障などの目の病気のリスクがあるのです。

そのため近視矯正レーシック手術をうけたあとは、気をゆるめず、こういった眼病の予防を視野に入れなければいけません。たとえば近くを見るときは、遠視用眼鏡(老眼鏡)を使用して、毛様体筋の緊張を緩和する、目を酷使したあとは、目のツボ指圧や強いまばたきなどの目の運動を実施して、新陳代謝を保つなどが挙げられます。

また緑黄色野菜からルテインやゼアキサンチン、ブルーベリーやビルベリー、カシスからアントシアニンを摂取することも大切です。そのほか視力回復サプリメントとして、ビタミンC、ビタミンA(ベータカロテン)、ビタミンE、ビタミンB群も、目の健康を守るために必要な栄養素です。

そのほか近視矯正レーシック手術を受けることのデメリットとしては、紫外線の影響をもろに受ける、ということがあります。今まではメガネレンズやコンタクトレンズが、紫外線から目を守ってくれていました。それが取り払われると、紫外線やパソコンの強い有害な青色光が、水晶体や網膜の黄斑部にダイレクトに届いてしまいます。これが将来の白内障や黄斑変性症、中心性網膜炎の遠因となります。

このように近視矯正レーシック手術には、いろいろなデメリットがあります。インターネット上のサイトを見ていると、メリットばかりが書かれているので、こういった欠点がなかなか分かりません。大切な目なので、こういったデメリットを十分熟知したうえで、近視矯正手術に臨みましょう。

近視治療の方法とは一覧